通販 激安◆ 2 000年間変わらない栽培方法と伝統製法 雪解け水だけで育てた干しグリーンレーズン 500g 1020円,iyashinomori91.com,2,000年間変わらない栽培方法と伝統製法,スイーツ・お菓子 , ドライフルーツ , レーズン,雪解け水だけで育てた干しグリーンレーズン/500g,/deflorate520984.html 1020円 2,000年間変わらない栽培方法と伝統製法 雪解け水だけで育てた干しグリーンレーズン/500g スイーツ・お菓子 ドライフルーツ レーズン 通販 激安◆ 2 000年間変わらない栽培方法と伝統製法 雪解け水だけで育てた干しグリーンレーズン 500g 1020円,iyashinomori91.com,2,000年間変わらない栽培方法と伝統製法,スイーツ・お菓子 , ドライフルーツ , レーズン,雪解け水だけで育てた干しグリーンレーズン/500g,/deflorate520984.html 1020円 2,000年間変わらない栽培方法と伝統製法 雪解け水だけで育てた干しグリーンレーズン/500g スイーツ・お菓子 ドライフルーツ レーズン

通販 激安 [ギフト/プレゼント/ご褒美] 2 000年間変わらない栽培方法と伝統製法 雪解け水だけで育てた干しグリーンレーズン 500g

2,000年間変わらない栽培方法と伝統製法 雪解け水だけで育てた干しグリーンレーズン/500g

1020円

2,000年間変わらない栽培方法と伝統製法 雪解け水だけで育てた干しグリーンレーズン/500g




1つだけのご注文の商品をお選びください。


伝統的な自然乾燥法

2,000年もの間続けられてきた伝統製法によるもので、ジベレリン処理を行わず、活性ソーダにもつけず、完熟したぶどうをそのまま日陰干しし、風に任せっぱなしで作るのが大きな特徴

そのため、日陰干しに約40~50日かかります。

ジベレリン処理をしていないためにぶどうの実が普通のグリーンレーズンに比べ比較的小さいが(約2~3分の1の大きさ)、これが自然な大きさで、味も本来の味がそのまま生きています。さらに、活性ソーダにつけていない分、色には少しばらつきがみられますが、これこそ本来の色で、自然である証です。
風のみで作っているということです。
完全に無添加・無農薬といえるものです。

ジベレリン処理とは?
ジベレリンはある種の植物ホルモンの総称で、種無しブドウの生産、果実の落下防止、成長促進などに用いられることが多い。
製造工程

乾燥された原料  → 枝・小石・雑物など除去 → 色彩選別 → エアーシャワー → 
第一次目視選別(未熟のものや極小粒など除去) → 
第二次目視選別(味や色の悪いもの、乾燥が不十分なもの) → 最終検査 → 包装 →政府検疫検査局員による検査 → 合格 → 輸出・出荷

高さ5,000m級の天山山脈からの雪解け水を使用。
農薬や化学肥料など一切使わず育てた完熟したぶどうを、一つ一つ丁寧にカットする。
このころ、畑の中の気温は45度を超える。

これが、日陰干しを行う干し部屋(チュンチャ)です。
ロバ車で畑からここまで完熟したぶどうが次々に運ばれてきます。

カットされたぶどうを日陰干しへ
ロバ車で運ばれてきた美味しいぶどうを、何も漬けず、そのまま一房づつ棚にかけてゆく。
お手入れをしているのはトルコ系ウイグル族
写真(左:社長の奥さん、右社長の妹さん)
産地
生産されている場所は中国ウイグル自治区のトルファンという場所。
シルクロードにあたります。
トルファンはウイグル語で「くぼんだ土地」という意味で、海抜マイナス154m、世界で死海に次ぐ2番目に低いところです。
トルファンの別名は「火州」、その名のとおり夏の平均気温は45度もありますが、夕方になると一気に気温が下がり、その温度差は20度以上に達します。
この激しい温度差こそトルファンで最高品種のブドウを育てています。
店長の感想
普通黒い干し葡萄とは違い、ベタベタせずさらっとしています。
その為、袋詰めも楽で、味もサラッとしている為か甘すぎない自然な甘みで、どちらかと言えば酸味が強い干し葡萄となります。
普通の干し葡萄はベタベタして甘すぎて、私はあまり好きでないのですが、これなら食べれます。


【原料名】 ぶどう(グリーンレーズン)

【内容量】 500g

2,000年間変わらない栽培方法と伝統製法 雪解け水だけで育てた干しグリーンレーズン/500g

Research Institute for Sustainable Humanosphere

大気圏精測診断分野
西村 耕司准教授

 

大気圏観測データ解析分野
Hubert Luce教授

循環材料創成分野
松尾 美幸准教授

バイオマス形態情報分野
今井 友也教授

2021年 着任教員紹介

京大の発明

京大先生シアター

ザッツ京大、など

京都大学ウェブサイトに生存圏研究所の教員・施設・研究が紹介されています

生存圏アジアリサーチノード(ARN)

生存圏研究所は、「生存圏アジアリサーチノード (ARN)」を整備し、国際共同研究のハブ機能を強化するとともに、生存圏科学を支え発展させる国際的な人材育成を進めています。

参加学生による活動レポートはこちら

広報活動・社会連携

刊行物やビデオで研究内容をわかりやすく発信する広報活動を行っています。また、公開講演会や見学会を行うことで社会と連携する研究所を目指しています。

生存圏研究を支える組織「生存圏フォーラム」

持続的発展が可能な生存圏を構築していくため 「生存圏科学」を幅広く振興し、研究者同士の情報交換・交流や、学生の国内外での教育・啓発活動を促進しています。(会員数約750名)コラムを始めましたのでぜひご覧ください。

イベント

生存圏シンポジウム
2021-09-09
第451回生存圏シンポジウム
第15回MUレーダー・赤道大気レーダーシンポジウム
生存圏シンポジウム
2021-09-17
第449回生存圏シンポジウム
第3回プラズマ・ナノバブル研究会
(静電気学会支部合同研究会との共同開催)
生存圏シンポジウム
2021-09-20
第448回生存圏シンポジウム
第6回生存圏アジアリサーチノード国際シンポジウム
(併催 赤道大気レーダー20周年記念国際シンポジウム)
生存圏シンポジウム
2021-09-28
第452回生存圏シンポジウム
中間圏・熱圏・電離圏研究会
生存圏シンポジウム
2021-09-28
第459回生存圏シンポジウム
太陽地球系物理学分野のデータ解析手法、ツールの理解と応用
生存圏シンポジウム
2021-09-28
第456回生存圏シンポジウム
STE研究連絡会現象報告会および現象解析ワークショップ(第一回:宇宙天気現象の予測精度向上に向けて)
京都大学生存圏研究所公開講演会
2021-10-17
第17回京都大学生存圏研究所公開講演会
生存圏シンポジウム
2021-10-30
第455回生存圏シンポジウム
第15回生存圏フォーラム特別講演会
生存圏シンポジウム
2021-11-02
第453回生存圏シンポジウム
第18回持続的生存圏創成のためのエネルギー循環シンポジウム
—マイクロ波高度利用と先端分析化学—
第11回先進素材開発解析システム(ADAM)シンポジウム
—マイクロ波高度利用生存圏フラッグシップ共同研究—
生存圏シンポジウム
2021-11-12
第458回生存圏シンポジウム
多糖の未来フォーラム2021